らん's ストーリーは基礎体温、月経痛・PMS対策、月経周期、思春期、更年期等女性特有の健康管理を目指すコミュニティ

Ran's Story らん'sストーリー 新規登録 ログイン
HOME
Ran's Story
マンスリービクス
よくあるご質問
女性の健康用語集
お問い合わせ
運営会社
 
ナイアードヘナシリーズ
 

冬を目前に!夏からの疲れもちこさないで!

 北国からは雪の便りが・・・晩秋というより、すっかり初冬の寒さです。ちょっと前まで夏バテダァ~~(-_-;)なんて嘆いていた方は、まだなんとなく疲れが残っていませんか?
 このままでは紫外線やストレスでダメージをうけていたお肌が、冬の乾燥で一層カサカサになってしまいます。 また、冷え性の方にとっては、夜お布団の中でも靴下を履きたいほど末端が冷たーくなって、つらい季節ですね。手足だけでなく、お腹もつめたいお尻も冷たい。というわけで、冬に向かっての体やお肌のケアについて、大学講師として女性の心理・生理・文化の研究の傍ら、鍼療室院長もされておられる、志茂田典子先生にお話しをうかがいました。
 たまった老廃物を排出するデトックスのツボ、お肌スベスベの秘訣、冷え性/腹痛/生理痛対策としてのワンポイントもぜひ覚えて、毎日少しずつでも、体をいたわりたいですね。また、志茂田先生はアロマセラピーもご専門なので、アロママッサージや上手な香りの使い方など、心も体も温まる方法を一緒に勉強してみましょう。

志茂田 典子先生プロフィール
東京福祉大学/武蔵野大学講師、AR乃木坂鍼療室院長
■主な研究内容
・ 女性の月経周期における痛覚変化
・ 月経周期の情動に及ぼす香りの生理心理的影響
・ 女性の心身相関と月経周期との関連
・ 鍼灸の中枢神経系・自律神経系への影響  ほか

■所属学会
・ 日本アロマセラピー学会(評議員)
・ 日本生理人類学会
・ 日本女性心身医学会
・ 日本自律神経学会
・ 全日本鍼灸学会
・ 月経研究会連絡協議会

■主な著書
・ 月経らくらく講座(共著)(文光堂)
・ 江戸城大奥―権力と愛憎の女たち(ぶんか社)
・ 人物事典 江戸城大奥の女たち(新人物往来社)ほか


冬に向かっての準備期間、たまった老廃物をとる!

 今年の夏はきちんと汗をかけましたか?汗がかけたかどうかが、秋の体調やお肌に影響するとしたら?
もう遅いよなんていわないで。まだ間に合います!

 老廃物の排出するためには、腎臓の働きを活性にしましょう。腎臓は尿を作り出す臓器で、尿中の老廃物を濾過する働きもあります。この働きが低下すると、尿がうまく排泄されず、むくみや冷えの原因となります。 夏にあまり汗をかくことがなかった人は、秋の軽い運動がオススメ。お散歩もいいですね。天候が安定しやすいこの時期には、学園祭やスポーツイベント、展覧会など、いろいろな行事が続きます。ただし、あんまり動きすぎて陽気を発散しすぎると、冬になって冷えやすくなります。何事もホドホドに。汗をかいたらすぐ拭くようにしましょう。濡れたままでいると、身体を冷やすもと。

 東洋医学では、秋は肺がよく働く時期と考えます。夏の間に汗をあまりかかず、うまく発散できなかった熱が、秋になると肺を乾燥させ咳を呼びます。この時期、コンコン乾いた咳をしている人、結構みられますよね?同時に肺が関係している皮膚も乾燥しやすくなりますから、いつも以上にお手入れが必要です。




■太谿+湧泉 3秒間隔で押したり弛めたりの刺激を交互に1分間

太谿(たいけい)
内側のくるぶしの下から後方に少しずらしたところのアキレス腱の間のくぼみです。太谿は湧泉からわき出た腎経の生命エネルギーが注がれるといわれるツボです。腎臓の機能が低下すると疲れやすくなったり、肌がくすんだりします。足首を手のひらで包むようにしながら親指で指圧します。

太谿
 

湧泉(ゆうせん)
湧泉は、体力や気力を高めて体全体を元気にする万能のツボで、 踏まずのやや上の中央、足の指を曲げてへこんだ所にあります。両手の親指の先を使って強く押し揉みます。



湧泉

■労宮+湧泉+腎兪の組み合わせ 3分間じわ〜〜っと

あぐらをかくように坐ります。あるいは、イスに座って片方の足だけを下ろした姿勢をとります。まず、両手を温かくなるまでよく擦って、右手の労宮を左足の湧泉に当てます(足の裏をつかむ感じ)。

労宮(ろうきゅう)
手の平の中心。手を握ったときに中指が手の平に当たる場所です。

腎兪(じんゆ)
肋骨の下を結んだ線上で、背骨から左右指2本分のところ。背中の筋肉の盛り上がったところにあります。

同時に左手の労宮を左の腎兪(じんゆ)に当てて、3分間じ〜っと坐っていてください。

労宮 腎兪

■腎臓(じんぞう)のゾーン 1分間おしたりもんだり

土踏まず全体が腎臓のゾーン。押し揉むことで腎臓の働きが活発になり老廃物を排泄されやすくします。1分間。

腎臓ゾーン

スベスベお肌を取り戻すには!

 女性にとって肌の潤いを保つことは、とっても大切!顔の肌はとてもデリケートなので睡眠不足や疲労、ストレスなどですぐに顔に艶や張りがなくなり、くすんだ肌になってしまいます。

 パックをするなら、夏の、浮いた皮脂をとるようなタイプのパックではなく、保湿中心のタイプに。洗顔料はあまり皮脂を落としすぎないものを。化粧水も、夏のサッパリ系から、秋はしっとり系に。入浴剤は柑橘系の香りがオススメ。血液循環をいっそう促してくれます。

 肌をきれいにするにはからだの中からも。からだの内側から温める生姜が見直され、今ブームの生姜紅茶!その他にも生姜葛湯、はちみつ生姜湯など、体の芯から温まりますね。生姜は、お鮨のガリやしょうが焼き、中華料理に!と、食べ方もいろいろ。ニラやねぎも、体を温める効果があります。

アロママッサージ!

 身体にも心にもストレスは大敵ですが、ストレス解消や下半身痩せに効果のあるアロママッサージは、自分の好きな香りで心地よく行う事が大切です。アロマオイルの成分を直接肌から取り込むと、皮膚を刺激し、筋肉の緊張を和らげる事で、滞ったリンパや血流の流れを促します。香りと肌に触れることの相乗効果で深くリラックスでき、心身ともに癒されます。身近な方と、ペアでマッサージ出来るようになると便利ですね。

 アロママッサージに使うオイルは、すでに目的別にブレンドされたものがあり保存も便利ですが、自分でブレンドすることもできます。キャリアオイル(グレープシードオイルなど)5mlに2滴以内の割合で好みのエッセンシャルオイルを垂らしてよく混ぜて使います。アロママッサージは体が温まったお風呂上りに行うのが効果的。湯冷めしないように部屋を暖かくするなどの工夫も必要です。

 マッサージといっても、難しく考えないで。普通にやさしくオイルを塗りこむ感じで充分です。ただし、オイルがつくと変色するので、タオルやシーツ、バスローブなどは汚れてもよいものを用意しましょう。マッサージの後の余分なオイルは必ずペーパータオルでふき取ってください。自分で作ったオイルは、3日以内に使い切るようにしましょう。それ以上おいておくと、匂いが変質してきます。オイルは可燃性ですので、ごみ箱に捨てる際には注意してください。

HOMEらん'sストーリーマンスリービクスよくあるご質問用語集お問い合わせ運営会社
Copyright (C) QOL株式会社, All rights reserved.