Ran's Story

つぼ押し
梅雨時のジメジメ不調対策

 湿度が高くて、ちょっと動くと汗をかくのに、手先足先、おなかやおしりなど意外に冷たくなっていることがありませんか?冷えは万病のもと、病気の一歩手前の状態だと思ってください。この梅雨時の不調を上手く乗り切るため、女性の心理・生理・文化について研究をされておられる、志茂田典子先生にお話しをうかがいました。


梅雨は水はけが悪くて不調の時期!
 梅雨時の湿気のことを、東洋医学では「湿邪」と呼びます。雨に濡れたままでいたり、湿気の多いところに長くいると、湿邪が身体に入ってきやすくなります。その特徴は、重く、粘っこく、水の流れのように下へ下がるということ。そのため体内のあちこちで流れの停滞が起こり、さまざまな症状が現れます。特に、消化吸収に関係する「脾」という臓器に影響が強く現れます。

ganugo2