排卵 : hcg注射と排卵について

Q 周期6日目から5日間クエン酸クロミフェンを服用し、周期17日目にhcg3000を注射しました。周期17日目の卵胞チェックでは右卵巣に18.2ミリの卵胞が確認でき、その日に性交しました。卵胞が20ミリくらいで排卵なら18日目に排卵の可能性が高いわけですが、17日目から基礎体温は高温期になっているので、いつが排卵なのかわからなくなってしまいました。
A 「排卵は、卵胞が20〜25mmになると起る」というのは目安です。
卵胞が20mmくらいに膨れると中の卵胞液の圧で、卵胞の壁が破れ、卵ぽう液と一緒に卵子が流出るのが排卵です。卵胞の壁の丈夫さも関係します。精子の授精能力は3日間くらいあるので少し前の方が良いのです。17〜18日目というのは丁度いいタイミングでは?
でも「セックスはしたい時にする」というのが本当です。【本当】っていうのもおかしいですが。人間は大脳が発達してしまったから、理性的に「子どもが欲しくなったからセックスしよう」と考えてしまうんですよね。「どうせなら子どもが欲しいのだから、排卵の時に」となってしまいます。
セックスやペッティングを楽しんで、そこに子どもが産まれるというのが、子どもにとっても良いことだし、ずっと先のことですが、子どもが独立したアトのご夫婦の生活も楽しいものに自然になるとお思いますよ。
戻る

Copyright(c) QOL株式会社. All Rights Reserved. ganugo2