不妊治療 : クロミッド服用で「お腹がチクチク」

Q クロミッドを飲み始めて4ヶ月目。最初は2錠/日飲んでいましたが、卵が4個も5個も一気にできてお腹がパンパンになるので、3ヶ月目からは1錠に。それでも今月は卵が4、5個できて、先生からは安静にとのこと。もうすぐ生理の時期になりますが、右のお腹がチクチクします。卵胞が痛いのか卵管が痛いのかよくわかりませんが何なんでしょうか?
A 卵子の大きさは0.2mmくらい。卵子の入った袋(卵胞)は月経が始まった後排卵準備を始めます。
卵子が成熟して行くのと同時に卵胞液が増えて、1日に2mmくらいずつ大きくなり、20mmになると卵胞液の圧力で破けて(いかにも痛そうですね)卵子は飛び出します。
排卵痛は、排卵期に起きる痛みであり、
(1)卵胞(卵子が入っている、卵胞液で満たされた袋)の発育に伴い、排卵前から痛む場合
(2)排卵で卵胞が破れる時に痛む場合
(3)排卵後に排卵時の卵胞破裂部位からの出血による、腹膜刺激により痛む場合
(4)排卵後に卵胞内に血液が溜まり腫れて痛む場合
などが考えられますが、不思議な事に、大部分の人は痛みを感じないのです。
次にクロミッドを2錠飲んで、お腹チクチク?と思ったら水分を沢山とってください。副作用を小さくする事が出来ます。急に腹水が溜まる事があり、そうすると血液が濃縮されるので、水分をとった方がいいんです。
戻る

Copyright(c) QOL株式会社. All Rights Reserved. ganugo2